SEOの落とし穴

First Website > SEOコラム > SEOの落とし穴

SEOの落とし穴

あなたの会社のホームページにSEO対策を施し、購買意欲の高いユーザーが検索エンジンに打ち込むキーワードで上位表示できれば売上アップが見込めます。

しかし、ただ単に上位表示すれば良いというものではありません。

ホームページから売上をあげるとか、サイト訪問者に何かしらの申し込みをしてもらうには、そのアクションに至るまでの導線(売れる仕組み)を構築する必要があります。

検索エンジンであなたの会社のホームページを上位表示させる技術である、SEO対策はこの導線(売れる仕組み)の構築と並行しておこなうシームレスな作業であるべきです。

このことを知らずにSEO対策を行っても、無駄な時間と労力(場合によっては資金)が失われるばかりではなく、せっかくネット上から集客できるチャンスがあっても、それをみすみす逃してしまうことになります。

また、こういったことを意識せずに施策をおこなうSEO業者がいたとすれば要注意です。

特にホームページ制作会社が本業の片手間におこなうSEO対策は、この辺のことを意識されていないケースが多いようです。

ホームページ制作業者は、HPを作ること、デザインすることがメインの業務ですよね?

WEBサイトを企画制作、構築するプロフェッショナルではありますが、SEO対策、特にネットから集客し、売上をあげる為の施策は全く別の分野のスキルです。

競合するサイトが殆どいないようなキーワードで上位表示させて、「ほら、上がったでしょ」 と言われても、大抵の場合、それで売上はあがりません。

いいですか?
見た目の素敵な格好いいホームページであることと、それが売上アップにつながるかどうか?というのは(全くとは言いませんが)ほぼ関係ないわけです。

ただ、売上のあがるホームページの見た目が、たまたま素敵で格好いいデザインであった・・・ということは有り得ます。

でも、そのホームページが売上をあげられるのは、見た目が素敵で格好いいからではありません。売上があがるような導線を備えているから、売れるのです。

できれば、ウェブサイトの設計はこういう導線構築と同時進行でおこなわれるべきです。その際、SEO戦略がベースにあれば、二度手間が省かれるので、お金の無駄遣いをしなくて済みそうです。。。


関連記事

  1. ペナルティを受けたらどうなる?
  2. SEOの落とし穴